Hige Mikan:この2020年の日本の最高の番組

Hige Mikan:この2020年の日本の最高のショー

Hige Mikanは、日本のすべてのことについての定期的な記事を特集する日本のブログです。ゲームからレストラン、あらゆる種類の食べ物まで、このWebサイトは多くのタイムリーなトピックをカバーすることができます。この戦術により、彼らは出版されている多種多様な資料でより多くの聴衆に応えることができます。 

この2020年、COVID-19のパンデミックは日常生活を狂わせ、誰もが家にいて他人から孤立することを余儀なくされました。ほとんどの人は家にいなければならないので、ゲームをしたり、最新の番組を見たりするなど、他の形式の娯楽に頼ります。 2020年にリリースされた日本の番組のいくつかは、ファンの間で非常に人気があり、家にいる退屈に対処するのに役立っています。 

を見るのに最適な日本の番組

  1. フォロワー
    2020年の新シリーズ「フォロワー」は昨年2月27日にリリースされ、日本の若い世代から大きな注目を集めました。プロットは2人の女性を中心に展開します。1人は自信を持って独立した写真家のリミ・ナラ、もう1人は意欲的な女優の百田夏目で、まだプライベートとプロの人生を歩んでいます。 9話シリーズは蜷川美香が監督、TBAが執筆。この番組は、Netflixを介して一部の国で視聴できます。
  2. なぜ日本に来たのですか?
    進行中のテレビ番組「なぜ日本に来たの?」 2012年6月30日に最初に放映され、今日まで続いています。テレビ東京から発売され、有名コメディアンの設楽統と日村勇紀が主催。このショーでは、空港を訪れ、外国人に「なぜ日本に来たの?」と質問します。ショーの残りの間、彼らは国に滞在している間、周りの観光客を追いかけます。
  3. 世界の果てまでイッテq
    もう一つの人気のある日本のテレビ番組は、和田英智が監督し、宮川大輔、手越祐也、イモトアヤコ、内村光良が主催する日本テレビの「世界の果てまでイッテq」です。ショーは、世界中を旅し、さまざまなイベントやフェスティバルを体験するホストとそのゲストを中心に展開しています。彼らは、彼らが知らない活動に参加した経験を特徴としており、ホストは彼らの非常に陽気な反応で知られています。日本のテレビ視聴者は、ホストが新しいことを試したり、新しい環境に独自の方法で対処したりする独自のスタイルを持っていることを気に入っています。
  4. めざましテレビ
    フジテレビのめざましテレビは、平日毎朝放送されます。 「めざまし」日本語で という言葉は、「目覚める」という意味の、毎朝、視聴者を元気にし、良い一日をスタートさせることを目指しています。大塚範一と八木亜希子が主催するこのショーでは、占いや星占いのセッションなどの特別なセグメントと、日本中の興味深い犬をフィーチャーした別のセグメントが特徴です。視聴者は、一部のイベントに参加すると賞品を獲得することもできます。