ほとんどの人にとって一人暮らしが難しい理由

にとって若い世代にとって、一人暮らしは自立と自立の象徴です。しかし、多くの人が気付いていないのは、一人で暮らすのは難しいということです。このライフスタイルに関しては、多くの浮き沈みがあります。

多くの場合、人々は家族や友人と一緒に暮らしています。子供たちは両親と一緒に暮らし、大学生と若い大人はアパートを共有して経費を削減します。人は常に、人生を通して苦労するのを助ける誰かを持っています。 

人が年をとって経済的に安定したとき、彼らは一人で生活し、完全に独立することを選ぶでしょう。この偉業を達成することは祝うべきマイルストーンですが、考慮すべき賛否両論がまだあります。ここで一人暮らしの浮き沈みを知る ひげ みかん。 

一人暮らしの長所と短所一

多くの人々は、それから得られる無数の利益のために、人で生活するという考えをもてあそんでいます。一日の終わりに他の人と交流することなく、一人で充実した時間を過ごすことができて幸せではないでしょうか? 

さらに、自分のアパートを持っている人は、他の人と妥協する必要はありません。それは彼らの家なので、彼らの規則が適用されます。ルームメイトは、すぐに皿洗いをしない、自分で片付けないなどの決断にイライラすることはありません。 

しかし、時には非常に孤独になる可能性があるため、一人暮らしには欠点もあります。人がアパートに一人でいる場合、誰も彼らに挨拶して、一日の終わりに彼らの冒険について尋ねるつもりはありません。 

もう1つの後退は、家事です。アパートに一人で住んでいる人は、場所を清潔で整頓された状態に保つために他の誰かに頼ることはできません。これが、ほとんどの人が完全に独立するのが難しいと感じる理由の1つです。親しい友人や家族の助けなしには人は生き残れないからです。 

古い格言が行くように、誰も島ではありません。一人暮らしの人は、誰かと一緒に暮らす人とは異なる強さで不安、恐怖、妄想を経験する可能性があります。人が一人で住んでいるとき、彼らは彼らを悩ませていることについて話す人が誰もいません。 

さらに、一人暮らしは人々をささいなことに恐れさせます。家の中に侵入者がいると、場所が違うだけで人は妄想的になります。風がざわめくたびに、不吉な誰かが飛び跳ねるのに最適な時間を待っていることを意味します。 

他の人と一緒に暮らすと、他の人が仲間として行動するため、このパラノイアははるかに弱くなります。他の誰かが一緒に住んでいるときに心配することが1つ少なくなります。それは彼らに彼らが一人ではないという安心感を与えます。 

一人暮らしが完全に可能だとしても、それが簡単だとは限りません。このようなライフスタイルに備えるためには、人がしなければならないことがたくさんあります。それは征服するために大きな精神的および感情的な安定を必要とする難しい仕事です。