九州で有名なアイスはコレ!佐賀県発祥の竹下製菓株式会社の氷菓子を紹介するよ

こんにちは、ひげみかん🍊です!

今回は氷菓子のお話です。

厳しい寒さも緩和され、徐々に暖かい気候になってきており氷菓子が美味しい時期へと迫ってきました。

※しかし、花粉の猛威はまだまだおさまらず、我輩の花粉症は今も暴発していて去年、日々苦しい思いをしています。

↓関係ないけど去年の花粉の話。何気に楽しく記事が書ました。

さて、そんな氷菓子ですがやはり有名なものは『チョコモナカジャンボ』、『ガリガリ君』、『爽』、『クーリッシュ』

このあたりと言った所だと思います。

そんな有名層な所ももちろんいいんですが、今回は我輩の出身地である九州の『佐賀県』 より生みだされる九州ではわりとポピュラーな氷菓子を紹介しますね!

佐賀県小城市を拠点にする『竹下製菓株式会社』

知る人ぞ知る九州では有名な氷菓子。その名も

『ブラックモンブラン』!!

この製造元が佐賀県小城市を拠点にしている『竹下製菓株式会社』です。

ブラックモンブランは知ってるけど製造元は知らなかった!っていう人も多いかも。

この我輩もクソガキの頃からよく食べてた氷菓子であります。

(学生時代になるとチョコモナカジャンボに浮気しちゃいましたが)

というわけでこのブラックモンブランと、竹下製菓で他に製造されている氷菓子達を今から紹介していきたいと思います!

今回は近くのディスカウントストアで竹下製菓の氷菓子のみ購入した5点を紹介しますが、それ以外の種類ももちろんありますよ。

※いつものように先に竹下製菓株式会社のホームページを載せさせていただきます

『トラキチ君』

トップバッターを飾るのは、トップバッターなだけに野球が絡むこのパッケージ、

『トラキチ君』です!

製造元は佐賀県なのに阪神タイガースを彷彿とさせるイメージキャラが特徴です。

福岡ソフトバンクホークスは?(旧:ダイエーホークス)

とある事情でブラックモンブランからトラキチ君へとマイメインアイスを替えた商品。(とある事情は更にのちほど)

開封するとこのようになっております。

黄色っぽいのはバナナ味のアイス、茶色はチョコですかね。

バナナ味と言ってもガッツリバナナではなくバナナ風味と言った所です。

食感はガリガリとかカチカチではなく、柔らかいです。溶け具合にもよるけどフワッとする。

ちなみにアイス棒には当たりくじ付きとなってます。トラ=虎に ちなんだものとなっております。

今回は残念ながらハズレ。

エキストラもトラ入っており、どれが当たりの境界線かは分からないのがトラキチ君の魅力。

昭和時代名物である、ガバガバの設定となっております。

我輩のマイフェイバリットメインアイスなだけであって美味しいです。是非皆さんもご賞味あれ。

『おゴリまっせ』

今どき珍しい、気前のいい奢りたがりなゴリラがキャラクターのパッケージ。

しかもサングラスに学ランと、番長キャラなのに羽振りが良すぎるまさに意味不明の善人。

開封すると見た目が美味しそうな、外は白(ミルク味かな?)と中身は茶色のココア味となっております。

味は美味しかったです!中に練乳ソース入りとの事でしたが、それっぽいのはありました。

もちろんコチラも当たりくじ付きです。

結果は…………!?

やっぱりハズレでした。

奢ると見せかけてサイフからピュッと矢が放たれました。大変危険な状況となってます。

この笑顔のゴリラ君、おゴリまっせ!と言いつつ、コチラの命を狙ってくる卑劣なやり方で番長という名を欲しいままにしたのでしょう。

ちなみにパッケージ裏。

当たるとサイフからアイスが飛び出てきます。

まさにドラえもんの4次元ポケットもとい、4次元サイフではなかろうか。

『知っとるケ』

こんなアイス知っとるケ   です。

我輩は知りませんでした。

知ったのはほんの最近、おゴリまっせを購入しようとした時に隣で販売されておりそれも竹下製菓が製造していた事で発見しました。

なのでコチラも記事のネタとして使わせていただきます。

余談ですけどかなり昔に明石家さんまが演じる妖怪人間で「知っとるケ~のケ♪」

ってのがありまして……。令和世代にはわからんだろうな!

さて、開封。

真っ白なアイスですね。

・外側がサクッとした歯ごたえが心地よいヨーグルト風味のアイス

・内側がソフトな口当たりとヨーグルト風味豊かなアイス

要するにヨーグルト風味のアイス。

ちょっと酸っぱさもあるんで、好みは人によって分かれそう。

当たりくじ付きですが、写真の持ち手側には

「となりのみよちゃんがおねしょしたのしっとるケ!?」

となっており

いちいち言わんでもいい事を言いふらすタチの悪いクソ野郎 となっております。

このご時代では、流石のみよちゃんも塞ぎ込みますね。我輩もこんなんされたらムリ。死ぬ。

そして結果は……?

水をこぼしただけでした!

良かったね!みよちゃん!事実無根!!

こんなに嬉しいハズレは他にありません。

とは言えこの言いふらした奴は立派な名誉毀損ですね。

パッケージ裏はこんな感じ。

当たりだと、みよちゃんから「レディにしつれいよ」と怒られます。

失礼で済むぐらいの懐の広いみよちゃんでした。

確かに昭和時代はちょっと小馬鹿にされるぐらいの程度で済む時代でしたね。

今ではそんな事でSNSで袋叩きにあうのですから。もっと日本人は事に寛容であって欲しいです。

『ミルクック』

お次はミルクックです!

社会人となった我輩は最近コチラをよく好んで食べます。

名前がキン肉マンのカレクックに似ているのも特徴の1つ。(関連性は全くない)

引用:『キン肉マン』より。

中には氷片と練乳が入った少しガリガリ食感を楽しめるミルクセーキでした!

味は個人的にすごく好き。

パッケージ裏はこんなん。

当たりくじには干支のマークが同じだと当たりになります。今回我輩のはウサギ……

遂に当たりました!!

でもッ!!10点ッ!!足りんッ!

100点になるまで集めないとお店と交換できません。千里の道も一歩から!

↓ミルクックいっぱい食べてみたい!ってな方はコチラから


『ブラックモンブラン』

ラストを締めるのは冒頭で紹介した九州では有名なブラックモンブラン!

長年、竹下製菓を代表するベストセラー品。

このようにまず中身はバニラアイス、外側にチョコ。更にクッキークランチをまぶした、

王道+αの氷菓子です。

味は言わずもがな、かなり美味しいです!

クッキークランチも食べ応え抜群。

ただし難点もありまして……。

このクッキークランチ。ポロポロとこぼれるので食べる時は散らかり安いです。

今よりも比較的虫が多かった昭和時代、平成初期では外でブラックモンブランを食べるとポロポロ落ちたクッキークランチにアリがすぐさま群がります。

これがなければ今もずっと食べ続けたのに。

(チョコモナカジャンボに浮気してごめんよ)

※でも最近カップ式のブラックモンブランが発売したみたい。これならポロポロこぼれる悩みも解消できそう!

それ以外にもラインナップがあります。

でもスペシャルとビターチョコはいまだ見た事がない。同じ佐賀出身なのに。。。

当たったとしても交換しに行くの面倒だしね!(言い訳)

↓ブラックモンブラン食べてみたーい!ってな方用です。九州以外の人もオススメ。ポロポロこぼれるのにはマジ注意ね。

おまけ  『袋氷 ストロベリー』

まだ季節的にシーズンに入ってないのか、残念ながらまだ売られていませんでしたが夏場は大量に買い込む商品。

こればっかり食べる時も。

袋切りにくい所除けば、口にゴリゴリ押し込んで行くだけで美味しくいただけます。もちろん皿に移してあげて細かく砕くと、かぎ氷屋さんのっぽくなります。

以上で竹下製菓株式会社が製造している氷菓子の紹介でした!

これから暑くなってきますので皆さんも是非ご賞味あれ!(お腹壊さないよーにね!)

ひげみかん🍊でした!おわり!

Hige Mikan:竹下菓子の有名なアイスクリームフレーバー!

読者の皆様、ひげみかんへようこそ!あなたの世界からも季節が変わりますか?現在、日本ではひどい風邪が治まり始めています。外は雪が溶けて、蝉がまた鳴き始めています。気候はゆっくりと温暖化しており、夏が間近に迫っていると感じます。 

ほとんどの人は夏祭りやビーチでの休暇の見通しに興奮していますが、私たちの中には夏の食べ物の豊富さを楽しみにしている人もいます。もちろん、この湿気の多い季節に最も人気のあるスナックはアイスクリームです!だから、九州で有名なアイスクリームを巡る話をします。 

本日のブログでは、竹下菓子の人気フレーバーやファンのお気に入りについて、活発な議論を交わします。しかしその前に、まずこれらのおいしいアイスクリームのおやつのメーカーについて話しましょう。日本一のアイスクリームブランド、竹下菓子をご紹介します!

竹下菓子について竹下菓子

は九州地方で定評のあるアイスクリームブランドです。明治時代の1894年に設立され、日本にいくつかのユニークなアイスクリームの味を紹介してきました。同社は、優れた製菓メーカーである竹下幸太郎の努力によって設立されました。 

竹下菓子を本当に有名にしたフレーバーは、ブラックモンブランとミルクックアイスクリームでした。この2つの味の独自性は、特にそれが作られた九州で、日本人の注目を集めました。アイスキャンデーを作る際の竹下の巧妙さは、日本で最も信頼されている菓子ブランドの1つとしてそれを固めました。 

会社の創造性は一つです。彼らの最も注目すべき点は、顧客にとって最高の製品を作ることに専念していることです。創業者の竹下幸太郎は、お菓子に情熱を注ぐ男です。 

彼はインスピレーションを得るために世界中を旅し、製品の品質を決して妥協しませんでした。この卓越性の伝統は、今日まで会社に残っています。 

竹下菓子:人気のフレーバー

  • ブラックモンブラン(税込130円)

竹下菓子に不慣れな方でも、日本人であればブラックモンブランとは何かをご存知でしょう。結局のところ、それは日本で最も人気のあるアイスデザートの1つです。

九州出身の私は、このおいしい冷凍菓子を食べて育ちました。でも、、手当でチョコと浮気することができました モナカ 学校に通い始めたときジャンボ。 

このアイスクリームでの懐かしさと幸せな思い出は、私の心をとても喜びで満たしてくれます。だから竹下菓子の冷菓について知っていることを全部お伝えします。 

ブラックモンブランは、竹下菓子を代表するベストセラー商品です。モンブランの雪に覆われたアルプスに触発されたと言われています。竹下幸太郎は、真っ白に覆われた山がチョコレートをのせて美味しそうだと思いました。 

当時のアイスクリームは主にアイスキャンディーでした。甘美なチョコレートとクッキーのコーティングが施されたブラックモンブランの登場と、その中の甘いバニラは、90年代にすぐにヒットした独自性を醸し出しています。 

それが導入されてから数十年後、モンブランは市場でヒットセラーの1つであり続けました。カップまたはアイスキャンディーの形で利用できるようになりました。 

  • ミルクック(税込100円)

竹下菓子のベストセラーです。最近の日本人と同じように、私もミルクックのファンです。誰がしませんか?甘さとクリーミーの絶妙なバランス。 

ミルクックは、ニュージーランドのモンブランの白くて雪に覆われた山頂から着想を得ています。美しくて食欲をそそる冷菓です。歯ごたえのある外観とやわらかいバニラコアの2つの構造のアイスクリームです。 

アイスクリームの外側の構造は、やや甘い味のクリーミーなミルクセーキで作られています。中はゼリーが入ったとっても甘い練乳です。このアイスクリームの硬い外面と柔らかな内面の食感は、一口ごとに素晴らしく満足のいくタッチを追加します。  

このアイスクリームのシンプルな見た目に騙されないでください!誰にとっても必見です。 

  • 滝地くん(税込100円)

ブラックモンブランやミルクックほど人気はありませんが、竹下菓子のお気に入りです。チョコレートとバナナのフレーバーが交互になった縦縞のアイスクリームです。虎を彷彿とさせるデザインなので、この商品のマスコットはホワイトタイガーです。 

口に入れると味わいが爆発します。強くて甘いバナナの風味が絶妙です。やわらかいガナッシュチョコレートがバナナの風味を引き立て、バランスを取ります。 

スティックごとに抽選券もプリント!勝った場合は、新しいアイスクリームまたは100ポイントを獲得して、さらに大きな勝利を収めることができます。 

  • ゴリマセ(税込100円) 

たっぷりのゴリラにサングラスをかけたキュートなキャラクターパッケージが付属。 

パッケージを開けると、クリーミーな白いアイスキャンディーで覆われた甘美なチョコレートアイスクリームが表示されます。このおいしいおやつを噛むと、中には甘く練乳が入っていることがわかります。 

味は美味しくて満足でした。暑い夏の午後にこれを食べるのはとても新鮮です。 

瀧地くんアイスと同じように、ゴリマセも木の棒にくじが印刷されています。残念ながら、私は再び宝くじを失いました。私よりも幸運を祈っています。  

  • 知っているけ(100円税込)

竹下菓子の新商品です。ゴリマセアイスを購入中に発見し、試してみることにしました。このアイスクリームは絶対的な夢のような味がするので、私はとてもうれしいです。 

クリーミーで美味しそうな真っ白なアイスクリームです。外装はアイスキャンデーを使用し、やや甘みがあり、圧倒されません。中には柔らかくて少し酸っぱいヨーグルト風味のアイスクリームがあります。 

上記の他のすべてと同じように、私が再び失った木の棒に印刷された宝くじも含まれています。 

  • アイスバッグストロベリー(税込60円) 

夏の必需品です。かき氷のような型破りな見た目ですが、バッグに入っています!竹下のアイスバッグストロベリーは福岡で特に人気のある珍味です。見ているだけで夏祭りに行きたくなる。 

人気商品ですが、全国では販売されていないようです。選ばれた地域だけがこの冷凍デザートを手に入れることができます。それは残念です。形もパッケージもあるので、配布するのは本当に難しいと思います。 

とにかく、製品に戻ります。袋を開けると、甘くてフルーティーなイチゴの香りがあなたの香りを引き継ぎます。夏の思い出をよみがえらせる香りがするので、きっと楽しんでいただけると思います。 

圧縮された削り氷なので、開けたままにしておくと溶けやすくなります。ボウルに入れてつぶすと、夏祭りで見られる古典的なかき氷のような外観をさらに実現できます。つぶした後はすぐに食べられます。どろどろした氷が口の中でとろけて、まろやかで甘いイチゴの風味を放ちます。 

いちごのアイスバッグにさまざまなトッピングをまぶして変更します。削ったチョコレート、スプリンクル、その他のトッピングを入れることができます。または、イチゴ、キャラメル、チョコレートなどのシロップを振りかけます。私の個人的なお気に入りは、少量の新鮮な牛乳を注ぐことです。この方法は、甘いフルーツの風味のバランスを取り、イチゴのミルクセーキのような味わいにします。 

竹下製菓株式会社の紹介は以上です。楽しかったですか?より楽しく有益なブログを楽しむために、HigeMikanのWebサイトにサインインすることを忘れないでください。日本の他の有名な菓子についての最新情報をお見逃しなく。 

これからは蒸し暑くなりますので、お近くの店舗で上記のアイスクリームがないか確認してください。竹下菓子の最高の製品で夏の暑さを打ち負かしてください。 

上記の竹下菓子の冷菓の中で、一番興味を引いたものを教えてください。他に素晴らしいお菓子を知っていますか?コメントセクションで共有するか、私のページにメールを残してください。

コメントする